TOPページへ戻る





 SPEC では、ほぼ毎週ダイビングツアーを企画しています。

 ここでは、SPECのダイビングツアーのツアーレポートをご案内しています。

 また、各種ツアーのご案内は こちら からどうぞ。



2007年02月のツアーレポート

2007年02月20日(火)-25日(日) Report ID : 131

TTT

シミラン&スリン・クルーズ@タイ・カオラック発

いやぁ〜、ジンベイ&マンタ三昧でした\(^o^)/



2007年02月20日(火)-25日(日) Report ID : 130

TTT

シミラン&スリン・クルーズ@タイ・カオラック発

今年の旧正月ツアーも“シミラン&スリン・クルーズ”に行ってきました! あれ?っと思われる方もいるかと思いますが、いろいろあり当初のモルディブから変更したのである。モルディブに参加予定だった方で、変更後のツアーに来れなかった皆さん、大変申し訳ありませんでした。
そういった訳で、今回は6名様と私の7名で行ってまいりました。基本的には現地集合解散という、フレキシブルなツアーになりました。2日前より現地に入りゴルを堪能していた者、先にショートクルーズに参加してきた者、バンコク経由で現地集合する者などである。そして今回も利用する現地ダイビングサービスは、カオラックにある“eDIVE”さん。無理を言って偶然空いていたボートを出してもらったのだ(笑)
乗船前に港では、見覚えのある、○内親子とご対面!前日にマンタに会ったとかで大騒ぎであった(^o^) そして我々も期待と不安を胸にいざ出港なのだ!ボートには我々の他5名のお客様と3名のスタッフが乗船。今回我々のボートはシミラン諸島から始まり、スリンのリチュリューロックを折り返すコースである。同時に出港したもう一隻のボートは、一気にスリンまで北上しシミランまで南下するコースであった。
初日はシミランのウォールとエレファントヘッドロック、ノースポイントの3ダイブであった。ウォールは別名イーストオブエデンとも言われ、ソフトコーラルの奇麗な所もあり、深場ではアケボノハゼがいたりと、癒し系ダイブである。エレファントではロウニン狙いだったが、ガイドのK氏のボードには、“ロウニンはどこ??”。そして私、一人浪人探しに出たのである。素浪人を見かけたので流れに向かって確認しに行くと、なにやら皆の衆付いてくるのである(驚) 昨年いた浪人の巣を覗きに行ったがそこにはいなかった。今年は水温が低かったりサーモクラインが出ていると聞いていたが、その通りである。水温は低くて25−26度になるところもあった。
2日目は、シミランから北上しコ・ボンのウエストリッジである。今シーズンの“マンタ祭り”の会場になっていると言う噂のポイントである。先遣隊で数日前に潜ったF氏はその時5−6枚ものマンタに会ったそうである。期待を胸にいざいざ・・・。結局マンタには会えませんでしたが、通常深場にいて見る事が難しいと言われる“インディアンバタフライフィッシュ”はいましたよ。そして2・3本目はコ・タチャイのツインピークスである。ここはマンタ狙いであると共に、レオパードシャーク(トラフザメ)狙いでもあるのだ。流れは若干あったが、泳げるくらいである。フュージュラー系の魚たちの群れは凄かったね!そしてここでは、ツノPの200本記念ダイブである。おめでとうございます!集合記念撮影時には、イソマグロの群れが後ろを泳いでいたのだ(教えられなかったけどね)。レオにもマンタにも会えず、我々は北上し、決戦の地リチュウリューロックへと向かうのであった。途中、もう一隻のボートとすれ違うも、大物には会えていなかった模様である・・・むむむ・・・”^_^” 
本日4本目のリチュリューロックは夕方である。その魚影の濃さは驚きなのだ!す・凄すぎる\(◎o◎)/! 美味しそうな?アジ系も多く、マテアジやマブタシマアジの群れ群れ群れ、ギンガメ、カスミや更にロウニンの子供など。そして立派に育ったイトヒキアジの群れ!どどどどどどどっど・・と捕食の時は凄い事になり、ちょっとビビルよね・・・。あやしい雰囲気ではあったが、ご期待のお姫様は現れないのであった。
そして3日目の朝一はスリン島のコ・トリンラである。ここの珊瑚は凄く奇麗で、お気に入りのポイントの一つなんだよね(笑)ここだけで1日過ごしても良いと思えるくらい、珊瑚が奇麗!そこにたくさんの魚たちがいるし、気持ちのいい写真を撮るならここが一番(個人的な見解です)! 今回は無数のスカシテンジクダイの群れが凄かったね!2本目からはメインイベントのリチュリューロックである。天気も良く海も静かで現場に向かうと、むむむ・・・。凄い数のボートがいるのである。その数10隻以上。と言う事はこのポイントに100名以上のダイバーが潜っているのだ。いくら魚が多いといっても、それほど大きくないポイントで、ダイバー見に行くようなもんじゃないか、とちょっと残念に思うのであった。
ブリーフィングには、間違って他のグループに付いて行かないでね、と言うご注意も入り、いざ海の中へ・・・。相変わらずの魚影の濃い海を堪能するのであった。ここは魚影だけでなく、マクロも楽しいのだ。とは言えマクロはガイドさんに任せ、こちらは外洋パトロール隊である。そして安全停止をしようかと迷う時間帯に、尋常ならぬタンクを叩く音!!すかさず外海に移動する事数分、い・い・たたぁ〜〜〜!ジンベイ様のご登場なのである!そこから先は言わずとしれた、ジンベイスイム! 5分くらいの出来事であったが、一同大興奮!!ボートに戻り大騒ぎ。もう一つのグループが上がってきたので、見た見た!と聞くと“??えっ??”。そ・そう、見ていないのである^_^; 一気にボート内の雰囲気は固まったか、彼らはそのまま再エントリーしていくのであった・・・。良かった良かった(^o^) 次なるダイビングも期待を胸にエントリー!期待通り、間も無くジンベイ様は現れ、その後30分くらいは一緒に泳ぐ事が出来たのである。ホントにいい娘だよね(^o^) そして本日4本目!再度ジンベイダイブを狙い、皆の衆の嫌そうな顔を見ながら“甚平夢の競演ダイブ”を決行!! 終わってみればもう結構です、と言われたそうな・・・”^_^”
そして最終日は、タチャイのツインピークスで1本目。ここでは狙い通り深場にいた、レオパードシャーク君とご対面。そして最終ダイブのボン・ウエストリッジへと向かうのであった。すっきり気分のいい海を楽しみ、後半に差し掛かったところで、カンカン鳴り響く。そして巨大マンタ様のご登場であった(^O^)/ かなりでかいマンタで、我々の近くを長い事泳いでいてくれた。遠くに去ったと思ったらまたしても現れ、我々を楽しませてくれるのであった。このマンタ様もいい娘なのであった(^o^)
結果としては、ジンベイ、マンタ、レオパードと、我々が狙っていた“大物3冠達成”である\(^o^)/ 

下船後はカオラックのイタメシ“Pizzeria”で打ち上げ!ここはなかなか美味いのでお奨めですよ。我々は翌日のランチにも行ってしまったしね。また、ホテルのジャグジー&サウナ付きのマッサージもなかなか良かったですよ。アフターダイブもしっかり楽しみ、帰路につくのであった・・・。

番外編)今回もう一隻ボートは、行程が違っただけでしたが、ジンベイ&マンタには会えなかったそうです(悲) 自然相手ですからしょうがないですよね・・・。我々がとてもラッキーだったんだよね、きっと(^o^)

天気:晴れ  気温:26−30度  水温:25−28度  透明度:10−30メートル  海況:良し
シンハービール33本消費(MASAKI談)




2007年02月10日(土)-11日(日) Report ID : 129

TTT

シンガポール 日帰りダイブ

今シーズン最後のシンガポールダイブになるのかな。天気も良くピーカン!今週の参加者は、オープンウォーターコースで2名様。ファンダイビングで土日それぞれ2名様である。今年はシンガポールダイブも盛況だね!
海の方は、流れも無く、透明度はとても良く3−4メートルクラス(笑)!晴れているので水底でも明るく、シンガポールダイブ必需品である水中ライトの出番はなし。講習中はファンダイビングの方々に、その辺で遊んでてね、といっても大丈夫なのであった。そして魚たちもたくさん観察できたのである。いつもペアでいるハシナガチョウチョウウオ。シンガポールの切手にもなっているんだよね。チリメンヤッコやヤスジチョウチョウウオ、キハッソク、ロクセンスズメダイなどのお馴染みさん。ちょっと大きめで、ロクセンヤッコやゴマアイゴ。砂地にもけっこうハゼが生息していて、ギンガハゼやブチハゼ、ダテハゼなどなど。ご存知クマノミは、カクレクマノミとハマクマノミは確認済み。シンガポールは、魚の種類は多くないので、じっくり観察しよう、探そう、と言うダイバーの目は養えるよね。
そして2日間とも天気に恵まれ、気分のいいダイビングが楽しめました。いつもこのくらい見えていれば、もっともっとダイバーさんも来るんだろうけどね。ま、透明度は良くないけど、水温は暖かいし、珊瑚も魚もいるし、シンガポールの海を、潜ってみるのもいいですよ。
そして今週のコースも無事終了し、新しいダイバーさんが誕生しました。おめでとうございます\(^o^)/ 3月になったらマレーシアの海にも潜りに行きましょう。そしてシンガポールの海にも戻って来て下さいね。

天気:晴れ 気温:31度 水温:28度 透明度:3−4メートル 海況:波・流れ・うねり等なし




2007年02月03日(土)-04日(日) Report ID : 128

TTT

シンガポール 日帰りダイブ

2月に入りシンガポールダイブも残りわずか。今週末はオープンウォーターの講習で3名様。そしてファンダイビングで土日それぞれ1名様のご参加です。最近雨もあまり降らなくなり、天気もまあまあ、海の中はそうそう・・・。
まあ相変わらずのシンガポールの海で、透明度は2メートルくらい。1本目はあまり魚を見せる事が出来なかった。だが2本目、いきなり、いつものでかいカメが目の前に現れた。まず近くにいた2人にカメを見たのを確認し、すぐさま後ろにいた2人をカメの所まで引っ張り無理やり見せる。全員に見せる事ができホッとするのであった。またもや写真に収める事ができなかったのがちょっと残念。でもご自身で確認できた、お初の海中生物が“カメ”というのも凄いですね!それもこのシンガポールの海で、カメに遭遇する確立を考えたら、やはり凄いことなのだ\(^o^)/ とは言え、あのカメとはよく会っているような気もするが・・・
そして今週末も3名のダイバーさんが誕生しました。おめでとうございます(^o^) いよいよ来月からマレーシアの海も開催されますので、是非とも潜りに行きましょう。青い海、透明度も良いし、珊瑚や魚たちもたくさんいますよ〜!

天気:晴れのち曇り 気温:30度 水温:28度 透明度:2メートル 海況:波・流れ・うねり等なし




 


■ ツアーレポート 過去ログ

2018年02月2018年01月2017年12月2017年11月2017年10月2017年09月2017年08月2017年07月2017年06月2017年05月2017年04月2017年03月2017年02月2017年01月2016年12月2016年11月2016年10月2016年09月2016年08月2016年07月2016年06月2016年05月2016年04月2016年03月2016年02月2016年01月2015年12月2015年11月2015年10月2015年09月2015年08月2015年07月2015年06月2015年05月2015年04月2015年03月2015年02月2015年01月2014年12月2014年11月2014年10月2014年09月2014年08月2014年07月2014年06月2014年05月2014年04月2014年03月2014年02月2014年01月2013年12月2013年11月2013年10月2013年09月2013年08月2013年07月2013年06月2013年05月2013年04月2013年03月2013年02月2013年01月2012年12月2012年11月2012年10月2012年09月2012年08月2012年07月2012年06月2012年05月2012年04月2012年03月2012年02月2012年01月2011年12月2011年11月2011年10月2011年09月2011年08月2011年07月2011年06月2011年05月2011年04月2011年03月2011年02月2011年01月2010年12月2010年11月2010年10月2010年09月2010年08月2010年07月2010年06月2010年05月2010年04月2010年03月2010年02月2010年01月2009年12月2009年11月2009年10月2009年09月2009年08月2009年07月2009年06月2009年05月2009年04月2009年03月2009年02月2009年01月2008年12月2008年11月2008年10月2008年09月2008年08月2008年07月2008年06月2008年05月2008年04月2008年03月2008年02月2008年01月2007年12月2007年11月2007年10月2007年09月2007年08月2007年07月2007年06月2007年05月2007年04月2007年03月2007年02月2007年01月2006年12月2006年11月2006年10月2006年09月2006年08月2006年07月2006年06月2006年05月2006年04月2006年03月2006年02月2006年01月2005年12月2005年11月2005年10月2005年09月2005年08月2005年07月2005年06月2005年05月2005年04月2005年03月2005年02月2005年01月2004年12月2004年11月2004年10月