TOPページへ戻る





 SPEC では、ほぼ毎週ダイビングツアーを企画しています。

 ここでは、SPECのダイビングツアーのツアーレポートをご案内しています。

 また、各種ツアーのご案内は こちら からどうぞ。



2009年08月のツアーレポート

2009年08月28日(金)-30日(日) Report ID : 262

TTT

アウ@マレーシア

今週のアウはオープンウォーターコースの生徒が2名様、ファンダイバーが2名様の合計4名様のご参加でした。そしてマレーシアJB在住のH氏もご参加いただきました。皆様ありがとうございます。

オープンのお二人は午前中にハウスリーフで2ダイブ。潜行していきなりカメと遭遇!ラッキーだよね。タイワンカマスの群れもウロウロしていた。そして2本目でもカメに会え、記念撮影大会なのだ。ファンダイビングはランベイから。コガネアジとコガネシマアジがバディを組んで小魚を狙っていた。コーナーの方でユメウメイロやタカサゴ、クマザサなどの群れの先にぼんやりバラクーダの群れが見えた!!最近、いや今シーズン、アウでバラクーダの群れに会っていないのでちょっと嬉しい(笑)。そのイエローフィンバラクーダらしき群れには近づけず遠くの方に消えていった。午後のピナンではイトヒキアジかな?でかいアジが現われ消えた。カンムリブダイもご登場。クマノミの卵も発見しました。夕方は皆さんご一緒にジャワにてまったりダイブ。

そしてナイトダイブのご希望がなかったので、久しぶりに夕日を眺めながらのビールタイム。気分いいですね(^o^)夕食のBBQは最近流行の“焼肉あうちゃん”なのである。美味いので病みつきですね(笑)

翌朝のレイナーズロックではウミヘビを発見。カンムリブダイはいなかったがたくさんのダイバーはいた。そして最後はクロコダイルロック。オープンのお二人もスキル練習はバッチリできました。泳ぎだし、しばらくして振り向くと、その生徒ダイバーの顔横1メートルの位置にゴマモンガラが(驚) やられたぁ〜と思い直に離れろと合図を送るがダイバーの動きは鈍い。しかしゴマモンの顔を見て直感したのかとっさに離れる。襲われなくその難は逃れたのである(ホッ) いやいや良かった良かった。しばらくすると個人的にお気に入りのサザナミヤッコを発見。写真を撮ろうとしばし後をつける。するっていと、そのサザナミの行く手の先にタテジマキンチャクダイがいた!なんと言うことか、この海域ではめちゃくちゃ個体数の少ないお気に入りの両雄がツーショット!!更にカメがその両雄の目の前を通り過ぎる!!おおおぉ〜と超個人的に唸りながらお宝ショットを納めようとするが、バックの岩が邪魔し暗くて写らない。そして三者三様に散っていくのであった(悲) でもまあラッキーなダイビングであった(笑)

オープンのお二人はダイバーデビューおめでとうございます。また潜りに来て下さいね。そして海の生物はいろんなのがいますのでお勉強しましょうね!

天気:晴れ時々曇り  気温:26‐31度  水温:28‐30度  透明度:10〜20メートル  海況:風・波・流れあまり無し




2009年08月21日(金)-23日(日) Report ID : 261

TTT

ティオマン@マレーシア

今週もティオマンで参加者はオープンウォーターコースでは2名様、ファンダイバーが3名様の計5名様でした!!なんと男性のみ!!メンズツアーにご参加いただき、誠にありがとうございました

海は今週も穏やかで凪でした。最初のマランロックは先週より透明度は落ちましたが15m.位はある。ここは何故かシラガヤが多いのだ。岩肌にびっしり張り付いている所もあり、手を動かす癖のある方は注意が必要なのだ。2本目のラバスでは地形が面白いポイントである。通り抜けできるスイムスルー出口にはキンセンフエダイが群れている。午後は風が出てきたので穏やかなレンギスで3本目。コバンザメ3匹を乗せている1メートルオーバーの大きなカメがいた。後半には小さなカメも発見。途中で何気なくカクレクマノミを見ると口元が腫れているのだ?病気なのか?肝臓の調子が悪いのか?誰かに噛まれたのか?真相は分からない・・・? ナイトダイブのハウスリーフは日没前からエントリー。桟橋下の魚たちは我々が入ってきたので大慌て!ライトを当てると逃げ回るのであった。

翌朝はam6:30に出発しレンギスにエントリーしたのが7時過ぎ。まだちょっと薄暗いのであった。ハゼなんかを見ながら砂地を進むと水底にぼやぁ〜んと魚たちの群れ? ゆっくり近づいて見ると、ツバメウオの群れである。妙な事に、みんな水底にやや横になっているのだ。我々が近づくとゆっくり水底から離れ、10メートルくらい先まで泳ぐとまた水底に横になるのだ???ツバメウオは横になって寝るのかな??観察していたら目の前をナンヨウカイワリの群れが通り過ぎていった。珊瑚の方に戻るとコガネシマアジの群れがいたが、捕食行動はとっていなかった。そしてまたしても中型のカメと遭遇。バラクーダ探しもしたが、発見することは出来なかった。最後はトゥムクであった。幻のトウアカクマノミには会えず。沈車を回って珊瑚の上をのんびりダイブ。最後にまたしてもカメが目の前に現れた!今週は大中小と4匹ものカメと会ったのだ。そう言えば、宿泊先の屋外にある水槽には生まれたばかりの赤ちゃんカメが5匹入っていた。スタッフが保護して飼っているのかどうかは不明だが、ティオマン産まれのカメたちがいるんだよね。大きくなったら我々を楽しませてくださいね(笑) そしてティオマン産まれのダイバーも誕生しました。おめでとうございます。またティオマンに戻って来て下さいね。

今週は野郎ばかりでしたが、ダイビングも美味しいビールも楽しめました(笑) 帰りのボートでもしっかりと宴会場を確保し、海風に当たって気分のいいビールタイムなのでした(^o^)

天気:晴れ時々曇り一時雨  気温:26‐31度  水温:28‐30度  透明度:10〜15メートル  海況:風・波・流れあまり無し




2009年08月14日(金)-16日(日) Report ID : 260

TTT

ティオマン@マレーシア

久しぶりのティオマンは5名様のファンダイバーの方々にご参加いただきました。ありがとうございます。
メルシン港の潮の関係で出発はPM21:30といつもより遅かったのだ。集合場所で驚いた事に、SPEC台湾支部長ことT橋氏が、台湾より仲間と共にティオマン遠征に来ていたのだ!! 最近連絡が途絶えていたので久しぶりに再会でき、元気そうで嬉しかったですね(笑)

初日のダイビンはまずマランロックから。キンセンフエダイのもの凄い群れ、ニセクロホシフエダイなんかもいた。シラナミイロウミウシは奇麗にフリフリしていた。アカフチリュウグウウミウシはニョロニョロ這っていた。次なるラバスではスイムスルー三昧。岩場の通り抜けられるスイムスルーの天井には、手が入るくらい空気が溜まっている所がある。なかなか妙な感覚だが、この空気を吸えと言われたらちょっと御免だな、と思うのであった。午後のバハラロックは流れが弱かったが、いつもより逆に入っていた。おかげで島の方に流してエダ珊瑚密生地帯やイソギンチャク密集地帯へは辿り着けなかった。灯台側はウミトサカがびっしり張り付きなかなか彩りが奇麗ですよね。大きなミズカイメンには、白いヒモムシの仲間がビッシリ付いてデザインのようになっているのだ。ナイトダイブのハウスリーフでは、コブシメやタコを発見。日没前から入ると桟橋下には魚が多いんだよね。

翌日の朝食時、レストランから海にイルカが跳ねているのが見えた!そしてマリンパークへ向かう途中でもイルカの群れが近くで飛んでいた!マリンパークは沈船を眺めてトウアカクマノミの元へ。ちびっ子たちも元気でしたよ。すぐ横の沈船のハマクマノミがいるマスト?は砂地に倒れていた。ここの沈船も年月が経ち段々と壊れていっているようである。桟橋の下ではホソヒラアジの群れは相変わらず凄い。光が差し込みなかなかいい絵でしたね。小ぶりなギンガメアジの小集団は中層で巻いていた。水底の方にはヨスジフエダイの小さな群れもいた。最後のレンギスでは、ブリーフィング通りブラックチップシャークをゲット!!小さなカメも現れ、セジロクマノミの所にも行けました。今回もクマノミ6種制覇達成しました(^o^) ボートに上がると、他のグループはバラクーダに当たったと言っていた。レンギスでは最近見かけないだけに嬉しい知らせなのだ。来週のティオマンではバラクーダを狙っちゃおうかな・・・と思うのであった。

天気:雨のち晴れ時々曇り  気温:26‐31度  水温:28‐30度  透明度:10〜20メートル 海況:風・波・流れあまり無し




2009年08月05日(水)-10日(月) Report ID : 259

TTT

マナド@インドネシア (2)

マナドの水中写真です!



2009年08月05日(水)-10日(月) Report ID : 258

TTT

マナド@インドネシア

1年半ぶりのマナドは、12名様&私の13名で行ってきました。日本からわざわざ3名様も来ていただき、更にノンダイバー1名様も参加されました。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました
初日は現地に着いてから潜るので、“アルコール駄目よ”のフライトとなり、しかたなくオレンジジュースで喉を癒す。ホテルにチェックイン後、まずはチェックダイブから始まり・始まり。チェックダイブはアーバンポイント。今回はアドバンスコースも開催したのだ。地形はスロープで透明度もよくなかなか気分がいいダイビングだった。そして段々と夕暮れになり、海の中も段々と暗くなっていくのだ。シンガポールと時計上の時差は無いのだが、こちらでは正しく6時過ぎには星空になるのであった。

2日目はサチコポイントから。透明度も高いドロップオフは気分がいいような怖いような・・・。ロウニンアジの群れ、イソマグロも現れた。2本目のレクアン1は、狙い通り巨大カメが岩肌に寝ていたので順番に記念撮影会。ドロップオフの壁にはカスミチョウチョウウオやアカモンガラの群れが凄い。クダゴンベやアカスジモエビなどマクロも面白い。そして午後はティウォホポイントであった。マクロのポイントでハナヒゲウツボもいましたよ。

本日は夜の街に繰り出し夕食と買出しなのだ。メガモールでビールや飲み物などを買い、近くの“d’Terrace”というレストランへ。前回も来ましたが、雰囲気もなかあかいいし料金も安い。食べて飲んでお一人様US$10。デザートのお時間には、一部の方々で最近流行の“3・6・9ゲーム”をやっておりました(笑)

3日目はビッグフィッシュツアー! 要は大物狙いで3本潜りましょう、という事です。まずはバラクーダポイント。ドロップオフをゆっくり流すと浅い方にロウニンアジの群れ(凄)!! ギンガメアジは深い方で群れていた。そしてお待ちかね、バラクーダの群れにも当たりました。潜る前に遭遇するかは五分五分、と聞いていただけにラッキーであった。その塊が段々近づき、最後は群れの仲間入り。今ダイブはT橋さんの200本ダイブ記念でした。おめでとうございます!見事な白鳥の舞でした(笑) 2本目はタンジョン・コピ。流れが逆に入りだしたのでコーナーには行けなかった。カンムリブダイの群れがいたが、ちょっと遠かった。ナポレオンがウロウロしてくれた。3本目はレクアン2だった。ここでもナポレオンが現われ、ホワイトチップシャークもご登場。遠くでマダラトビエイが一匹飛んでいた! 大物ツアーはなかなか当たったと思いますよ\(^o^)/ そして本日はナイトダイビングもやっちゃいました。海の中は神秘的でなかなかいいですし、水面に上がった後に眺める星空は凄い奇麗なんですよね!!

4日目はレンベ海峡に遠征です。車で2時間のドライブ付き。港からバンボートに乗り込み、いざマクロワールドへ。最初のダイブがⅠ藤さんの100本記念ダイブでした!おめでとうございます(^O^)/ この海域の固有種であるバンガイガーディナルフィッシュはその動きも含めてなかなか可愛いのだ。ピグミーシーホースもいました。ハナイカは体色を変えながら歩いているようでした。ウミテングやニシキフウライウオやオオウミウマ、オオモンカエルアンコウ、ハダカハオコゼにツマジリオコゼ、セミホウボウなどなど、我々のホームグラウンドのアウやティオマンではお目にかかれないような魚たちのオンパレード。あっという間の撮り放題の60分ダイブでしたが、ブナケンより水温が2度くらい低いのでちょっと寒かったのだ。

5日目最終日はフクイポイントで1本目。有名な5つの大きなシャコガイのうち、なんと2つが抜け殻だった。死んでしまったのかな? ツバメウオも群れていましたよ。最後はロンズポイントでした。ドロップとスロープがあり流れが少し入っていたのでのんびりドリフト。砂地のチンアナゴも可愛かったね。と言った訳で全13ダイブは終了するのであった。天気も海況も透明度もよく、珊瑚も魚も豊富なマナドの海を堪能するのでした(笑)

そして最終日の夜も街に繰り出しシーフードディナー! お目当てのヤシガニが無かったのでロブスターに予定変更。だが予想通りに旨い。そしてたらふく飲んで食ってお一人様US$15也。ロブスターがその3分の1以上を占めたがやはり安いのだ。そしてホテルまでの帰りは暴走タクシーなのだ。あんな道で100km近く出すなんてある意味凄いけどね。そしてごく一部の方々でノルマ達成の為、怪しく2次会が執り行われるのであった・・・(笑)

マナドの海は珊瑚、魚影、生物などなどとてもお奨めですね。シンガポールにいる間に一度は潜ってもらいたい海の一つなのである。但し、何処でもそうですがベストシーズンの海に潜った方が、一層楽しいですよ(^o^)

天気:晴れ時々曇り  気温:26‐32度  水温 29−30度(ブナケン)/27度(レンベ) 
透明度:25‐35メートル(ブナケン)/10〜15メートル(レンベ) 海況:風・波・流れあまり無し




 


■ ツアーレポート 過去ログ

2018年11月2018年10月2018年08月2018年07月2018年06月2018年05月2018年04月2018年03月2018年02月2018年01月2017年12月2017年11月2017年10月2017年09月2017年08月2017年07月2017年06月2017年05月2017年04月2017年03月2017年02月2017年01月2016年12月2016年11月2016年10月2016年09月2016年08月2016年07月2016年06月2016年05月2016年04月2016年03月2016年02月2016年01月2015年12月2015年11月2015年10月2015年09月2015年08月2015年07月2015年06月2015年05月2015年04月2015年03月2015年02月2015年01月2014年12月2014年11月2014年10月2014年09月2014年08月2014年07月2014年06月2014年05月2014年04月2014年03月2014年02月2014年01月2013年12月2013年11月2013年10月2013年09月2013年08月2013年07月2013年06月2013年05月2013年04月2013年03月2013年02月2013年01月2012年12月2012年11月2012年10月2012年09月2012年08月2012年07月2012年06月2012年05月2012年04月2012年03月2012年02月2012年01月2011年12月2011年11月2011年10月2011年09月2011年08月2011年07月2011年06月2011年05月2011年04月2011年03月2011年02月2011年01月2010年12月2010年11月2010年10月2010年09月2010年08月2010年07月2010年06月2010年05月2010年04月2010年03月2010年02月2010年01月2009年12月2009年11月2009年10月2009年09月2009年08月2009年07月2009年06月2009年05月2009年04月2009年03月2009年02月2009年01月2008年12月2008年11月2008年10月2008年09月2008年08月2008年07月2008年06月2008年05月2008年04月2008年03月2008年02月2008年01月2007年12月2007年11月2007年10月2007年09月2007年08月2007年07月2007年06月2007年05月2007年04月2007年03月2007年02月2007年01月2006年12月2006年11月2006年10月2006年09月2006年08月2006年07月2006年06月2006年05月2006年04月2006年03月2006年02月2006年01月2005年12月2005年11月2005年10月2005年09月2005年08月2005年07月2005年06月2005年05月2005年04月2005年03月2005年02月2005年01月2004年12月2004年11月2004年10月