TOPページへ戻る





 SPEC では、ほぼ毎週ダイビングツアーを企画しています。

 ここでは、SPECのダイビングツアーのツアーレポートをご案内しています。

 また、各種ツアーのご案内は こちら からどうぞ。



2010年03月のツアーレポート

2010年03月26日(金)-28日(日) Report ID : 290

TTT

ティオマン@マレーシア

今週も2週続けてティオマンでした。参加メンバーは5名様。アドバンスコースが1名様で他にも初参加の方が多かったですね。ご参加された皆様ありがとうございました。

海峡は静かでティオマンまでのボートも揺れがなったでした。お泊りはいつもと違うお隣の宿。ちょっと階段で上がるが、部屋はいつもよりちょっとだけ良いかも(あまり変わらないか?)。土曜日の天気は先週と全然違ってピーカンです。やはり晴れはいいですよね(笑) 海の中も光が差し込み明るく、気分も最高!! 午前のダイビングはマランロックとラバス。風がいつもと逆だったので潜るポイントも波のない反対側から。タカサゴの群れも多く、コガネアジやホシカイワリが彼らを狙っていました。ツバメウオもウロウロしていた。ラバスでは岩と岩の間のスイムスルーを抜けたり、地形を楽しめるのだ。キンセンフエダイやユメウメイロの群れがいたり、カメもいたらしい。午後はマリンパーク。先週はまだなかったトウアカクマノミの卵がイソギンチャクの下の貝にしっかり付いていた。予想通りでちょっと驚いたのだ。沈船の周りにはイエローフィンバラクーダも群れていた。そして桟橋下のホソヒラアジはいなくなったが、ギンガメアジが数匹群れ?ていた。ナイトダイブは珍しく全員参加でハウスリーフ。大きなヤドカリやコブシメ、モヨウフグなんかを発見。

夜はビーチで夕食&宴会。波の音をBGMに気分良くビールを飲むのであった・・・。

日曜日も天気は良く、レンギスでまずは1本。相変わらず魚影は濃い。途中ブラックチップシャーク3匹が連なって通り過ぎた!3匹一緒というのもなかなかないのでラッキーでしたね。安全停止前にも同じ固体であろうブラックチップ2匹と再会。最後のトゥムクでは砂地でのハゼ観察。ブロックを重ねた漁礁や沈車なんかもある。そしてタイワンカマスが群れていた。珊瑚と白い砂地に太陽の光が差し込む奇麗な海でした。アドバンスも問題なく終了しました。おめでとうございます。

お帰りのボートではしっかり2階宴会場をキープし、これまた気分良くビールが飲めるのでした。

天気:晴れ  気温:27‐31度  水温:29‐30度  透明度:10〜20メートル  海況:風・波・うねり流れあまり無し




2010年03月19日(金)-21日(日) Report ID : 289

TTT

ティオマン@マレーシア

今シーズン初のティオマンは10名様のご参加がありました。そのうちオープンウォーターコースの生徒が1名様、他の方々はファンダイビングでした。ご参加いただきありがとうございます。

今週は天気が安定せず、雨の多い週末でした。行きのボートでも途中から雨に降られ、ティオマン到着時にも雨。寝ている間も雨、朝方は大雨模様でした。朝食後も雨、その後も一日中雨雨雨・・・。雨男雨女が集まったのか、過去にないSPEC史上最悪の雨雨ツアーとなりました。海は島よりは流れ込んだ雨水の影響で水面がまっ茶色。
という事で島から離れたラバスで1本目。海況は比較的静かで、波も流れもなし。気温は低いが水中は暖かい。講習チームはゆっくりまったりダイビング。ボートの上がるとローカルショップの団体さんでまだ潜っていないチームがある。どうするのかと思ったら、先に潜ったスタッフがそのチームを引き連れてダイビング。そんなこんなで、時間が押しに押したので、しょうがなく同じポイントで2本目を潜る羽目になる。午後はトゥムクで潜った。昨年の同じ時期に発見した幻のトウアカクマノミはいなかった。漁礁には珊瑚が少しずつ付いてきている様に感じた。沈車は微妙に位置がずれていた。やはりモンスーンの影響なのだろうか・・・。

ナイトダイブは誰も行かなかったので飲み会は早々にスタート! 今回のツアーは年末のクリパでティオマンご招待券をゲットした〇イヂさんのご馳走さまツアーなのだ! 夜のお酒はゴチなので、皆さんありがたく飲ましていただくのであった。ビールにワインにウォッカにウイスキー・・・ご馳走さまでした(笑)

翌日は天気も晴れマリンパークで1本目。予想以上に透明度も良く、沈船の周りにいいサイズのイエローフィンバラクーダの群れがいた。タイワンカマスの群れもいたが大きさは全く違う。トウアカクマノミとも再会できた。今年は卵をまだつけていないようである。卵を付ける貝殻とかがないのかな?桟橋下に行くと、ホソヒラアジの群れがいない(驚) ヒメツバメウオの勢力が大きくなっているようだ。最後のマリンパークではなかなかいいサイズのカメと遭遇!しっかり記念撮影もできましたね。そしてセジロクマノミとも再会を果たし、今シーズンもクマノミ6種巡りができるのであった。オープンも無事に終了し、ダイバーの仲間入りおめでとうございます。

帰りのボート2階デッキは占領され込み込みでしたが、ポジションを死守し宴会が続くのでした・・・。

天気:土は雨雨雨、日曜晴れ  気温:25‐31度  水温:29‐30度  透明度:10〜15メートル  海況:風・波・うねり流れあまり無し




2010年03月12日(金)-14日(日) Report ID : 288

TTT

アウ@マレーシア

いよいよ始まりました、マレーシアのダイビングシーズンです!今年の第1弾としてアウへ行って来ましたよ。参加メンバーは6名様&私の7名です。今シーズンもどんなドラマと出会うのか楽しみなのである(笑)。

メルシン港に到着しいざボートに乗ろうとしているとⅠ原氏より、今からシンガポールに帰らないといけなくなった、との言(驚)。今から・・・という事でタクシーを見つけて一路シンガポールへ。いきなり衝撃的なドラマと遭遇。Ⅰ原氏は無事にシンガポールに到達されたそうです。我々のボートはといいますと、ちょっと風があり波もあるようですが、程よい揺れに熟睡の世界へ・・・。久しぶりのアウに到着するのでした。

翌朝も北東の風があったのでポイントは西側に限定。1本目はランベイの裏側であった。穏やかな海で水底にはソフトコーラルが広がっている。ツバメウオが我々の周りでウロウロしていた。そしてコブシメの産卵をじっくり観察できたのだ。卵も古いのがあり、中味がはっきりイカと分かる物もあった。2本目はダヤンの裏側である。流れもなく穏やかであるが、透明度はスッキリしていない。3本目はランベイでバラクーダの群れが結構いましたよ。ブラックフィンバラクーダはまだまだ小ぶり。イエローフィンバラクーダも群れていました。この時期はゴマモンガラの襲撃があり、やはり我々も襲われました。嫌だよねぇまったく・・・。

翌日はレイナーズロックで朝一ダイブ。カンムリブダイも数匹あちらこちらにいましたね。珍しいサザナミヤッコが2匹一緒に泳いでいた。最後はランベイでゴマモンダイブ?今回も襲撃される方数名。バラクーダとキンセンフエダイのコラボやホシカイワリ軍団の捕食があった。

今週は2名のアドバンスコースがあり、しっかりスキルアップもできたようです。おめでとうございます。そしてサプライズな500本記念ダイブ(SPEC通算400本)。MJ様おめでとうございます。記念フラッグが用意できませんでしたが、次回は水中ではなく陸上で申告して下さいね(笑)

11月中旬まで続くマレーシアツアーです。皆さん潜りに行きましょうね!週末は海でリフレッシュなのだ!!

天気:晴れ時々曇り  気温:27‐31度  水温:29‐30度  透明度:15メートル 海況:風・波・うねりやや有、流れ無し




2010年03月06日(土)-07日(日) Report ID : 287

TTT

水族館ダイブ & ゴルフ大会

≪水族館ダイブ@セントーサ・アンダーウォーター・ワールド≫
今年も開催“水族館ダイブ”。2回に分けて6名の方々がチャレンジされました。当日は水族館内の観客も多く、多くの方にその勇姿を見せる事が出来たようです。

水槽の中は、海ではありえない状況です。とにかく魚が多い!!その水槽内を器材を背負い歩くわけですが、最初はおぼつかない足取りでしたが、慣れてくると観客に手を振ったりポーズを取ったりする余裕もでてきます。皆さん勘違いするのです(笑) 途中でマダラトビエイの餌付けができるのだ。そこにナポレオンフィッシュも登場し、ベラ特有の口を伸ばして餌をゲット。噛まれるとちょっと痛いらしいですのでご注意。2回目のチームの時は、なんとジュゴンが登場! いきなり現われ見ている我々の方がエキサイト。めったに出てこないジュゴンに一同大喜び、であった。

めったに潜る事が出来ない水族館でのダイビング。一度は体験してもらいたいですね。単純に面白いですよ(笑)


≪ゴルフ大会≫
今年は人数不足により、ゴルフコンペよりゴルフ大会に格下げ。とは言え年に一度のゴルフですのでしっかりと開催されました。会場はマレーシアのパームビラ。パブリックのコースで予約が要らないのがいいですよね。受付でキャディ料金を見ると、インドネシアとチャイニーズで料金が違う。ちょっと驚きました・・・。

天気も良く雨には降られなかった。実力別で簡単にハンデをつけ、ちょっとした賞品もご用意してのスタート。結果はまあ実力どおりでしたね・・・。しかしたまには週末ゴルフもいいですね。とは言え来週よりはマレーシアツアーが始まるので、週末は海ですよ海。皆さんも海に来て下さいね。やはりダイビングが一番なのだ(笑)




 


■ ツアーレポート 過去ログ

2018年06月2018年05月2018年04月2018年03月2018年02月2018年01月2017年12月2017年11月2017年10月2017年09月2017年08月2017年07月2017年06月2017年05月2017年04月2017年03月2017年02月2017年01月2016年12月2016年11月2016年10月2016年09月2016年08月2016年07月2016年06月2016年05月2016年04月2016年03月2016年02月2016年01月2015年12月2015年11月2015年10月2015年09月2015年08月2015年07月2015年06月2015年05月2015年04月2015年03月2015年02月2015年01月2014年12月2014年11月2014年10月2014年09月2014年08月2014年07月2014年06月2014年05月2014年04月2014年03月2014年02月2014年01月2013年12月2013年11月2013年10月2013年09月2013年08月2013年07月2013年06月2013年05月2013年04月2013年03月2013年02月2013年01月2012年12月2012年11月2012年10月2012年09月2012年08月2012年07月2012年06月2012年05月2012年04月2012年03月2012年02月2012年01月2011年12月2011年11月2011年10月2011年09月2011年08月2011年07月2011年06月2011年05月2011年04月2011年03月2011年02月2011年01月2010年12月2010年11月2010年10月2010年09月2010年08月2010年07月2010年06月2010年05月2010年04月2010年03月2010年02月2010年01月2009年12月2009年11月2009年10月2009年09月2009年08月2009年07月2009年06月2009年05月2009年04月2009年03月2009年02月2009年01月2008年12月2008年11月2008年10月2008年09月2008年08月2008年07月2008年06月2008年05月2008年04月2008年03月2008年02月2008年01月2007年12月2007年11月2007年10月2007年09月2007年08月2007年07月2007年06月2007年05月2007年04月2007年03月2007年02月2007年01月2006年12月2006年11月2006年10月2006年09月2006年08月2006年07月2006年06月2006年05月2006年04月2006年03月2006年02月2006年01月2005年12月2005年11月2005年10月2005年09月2005年08月2005年07月2005年06月2005年05月2005年04月2005年03月2005年02月2005年01月2004年12月2004年11月2004年10月