TOPページへ戻る





 SPEC では、ほぼ毎週ダイビングツアーを企画しています。

 ここでは、SPECのダイビングツアーのツアーレポートをご案内しています。

 また、各種ツアーのご案内は こちら からどうぞ。



2011年07月のツアーレポート

2011年07月29日(金)-31日(日) Report ID : 363

TTT

アウ@マレーシア

今週のアウには5名様のご参加がありました。ありがとうございます。メルシン港が干潮になるのが早く出発が5時半となり、参加出来なくなった方もいました。ここ数年干満差が大きくなったように感じますよね。早く港に着き沖合いに停まっているメインのボートに乗り込んでからもなかなか出発できず2時間待ち。出港してからも風が強くなり波もあったのでボートは減速して進み、アウに着くまで7時間。ボートでゆっくり寝れました。

オープンウォーターコースで2名様いたので、まずはハウスリーフから。相変わらずツバメウオはあちらこちらで現われ、浮き桟橋下でも群れている。タイワンカマスの群れはいなかったのでどこかへ遠征しているのかな。ファンダイビング組は日中ランベイ、ナポレオンピークス、クロコダイルロックで潜った。アドバンスコースとピークパフォーマンス・スペシャリティコースもあった。皆さん中性浮力バッチリですね(笑)。

皆さんもご存知の通りロクセンヤッコ類は幼魚と成魚で模様がかなり違います。成長の過程では両方の模様が混じるレアな時期がある。今回も上半身?は完璧に成魚だが下半身?に幼魚の模様を残したロクセンヤッコを発見した。が、なかなか撮影に応じてくれなかった・・・。サラサハタの子供を発見。幼魚はお尻をこちらに向けてヒラヒラしながら珊瑚に隠れたり出たりしている。今回の子供は外に出てウロウロしていた。大人になると警戒心が強く直に隠れてしまう魚なのだ。オーストラリアの魚辞典では、美味しい魚ナンバー1と書いてあった。とても可愛いミナミハコフグの幼魚は、時々カメラ目線でこちらを向いてくれるのでシャッターチャンスはある。しかし小さいし近づけないのでピントが難しいのだ。何処の世界でも子供の頃は可愛いのである(笑) ナイトダイビングのハウスリーフでは、オレンジ色のカイメンを背負ったカニを発見。以前も同じようなカニをハウスリーフで見ているので、同じカニで同じカイメンなのだろうか??

日曜日の朝一はダイバーの少ないランベイで潜り、2本目にレイナーズロックだった。魚影は濃く、カスミアジなどの捕食もあるのだが、バラクーダは共にいなかった。アドバンスのドリフトダイブでは最後にフロート上げをする。期待通り?フロートと一緒にゆっくりと水面まで上がって行ってしまった。次回は頑張ろう! そしてオープンもアドバンスもスペシャリティも皆さん無事に終了!おめでとうございます。これからもいろいろな経験を積んで、楽しいダイビングをしていってくださいね。

アウのリゾートやボートではあちらこちらでドリアンを食べていた。そして水面にドリアンの皮が浮いている。ドリアンのシーズンは困ったもんですね。陸上でもタンク背負って空気を吸いたいもんだ。(Byドリアン童貞)

天気:晴れ 海況:風・波ややあり 気温:26‐32度 水温:27〜29度 透明度:10〜20m




2011年07月22日(金)-24日(日) Report ID : 362

TTT

ティオマン@マレーシア

今週のティオマンは9名様のご参加がありました。そのうちオープンウォーターダイバーコースも2名様いました。皆さんツアーにご参加いただきましてありがとうございました。利用したボートはいつものボートより少し良かったが、船室はエアコンが効きすぎてめちゃくちゃ寒かったのだ・・・。

最初のダイビングはテロック・カドゥでした。入り江のポイントなので穏やかで珊瑚がなだらかなスロープ状になっています。ティオマンは何処のポイントでもイソギンチャクが多く、クマノミもたくさん住んでいるのだ。2本目のラバスは大きな岩が積み重なったのか、長い年月で割れたのか、あちこちで岩の間を通り抜ける事もでき地形が面白いポイントだ。岩の割れ目の奥にキンセンフエダイの群れがいたり、タイワンカマスの群れが岩の上の方にいたりもする。何故か岩肌や水底にはウミウシも多いのだ。午後は珍しくマリンパークだった。今シーズンは透明度がいい事が多いが、今回は10メートルくらい。やはり朝一で潜ったほうが透明度はいいようだ。しかし餌付けに慣れている魚たちはダイバーに寄ってくるのだ。ナイトダイブのハウスリーフではヒラムシがその名の通りヒラヒラと中層を泳いでいた。ちょっと不恰好なハリセンボンがいた。よ〜く見ると尾びれが無くなっているので、他の魚に食べられたのだろう。頑張れよぉ〜と声をかけたくなった。

日曜日はレンギスから。エントリーして砂地に着くと着底。下からじぃ〜と中層の魚たちを眺めるのだ。なかなか気分がいいよね!タカサゴやユメウメイロの群れがもの凄い。その群れに突撃するコガネアジの捕食がこれまた凄い。毎回見ても飽きないよね。そしてダイバー慣れしたツバメウオ。何故か我々に寄ってくるんだよね。最後のダイビングはトゥムクでした。ご存知の通り沈車があるポイント。やはり年月が経つにつれて傷んでいくもんですね。砂地にはダテハゼなどのハゼが多い。ブロックを積んだ漁礁もあって、最近は少しづつ珊瑚が付きつつあるのかな。そしてオープンのお二人はバッチリ終了しました。ダイバーの仲間入りおめでとうございます。

ランチはみんなしてリゾート?をパスして桟橋横のロティプラタ屋さんへ。思い思いに食事を頼みビールを飲んでいざボートへ。予定していた2階デッキの宴会場を確保し、帰路の船旅となるのでした。やはりダイビング後、青い海、ボートの上でダイバー仲間と飲むビールは格別に旨いですね(笑)

天気:晴れ 海況:穏やか 気温:26‐32度 水温:28〜29度 透明度:10〜15m




2011年07月15日(金)-17日(日) Report ID : 361

TTT

アウ@マレーシア

SPEC独立6周年記念ツアーは“アウ・サファリ”でした、と言いたいところですが、ボートの故障が発生!3日前に連絡が入ったので急遽通常のアウ・ツアーに変更と相成りました。な・なんと!2年連続でボート故障、という類稀な強運?なのかな・・・。そう言った訳で参加人数も減りましたが、総勢10名で行ってきました。日本からは3名様ものご参加がありました。皆様ありがとうございました

オープンウォーターの講習もあり、ハウスリーフで朝一ダイブ。ツバメウオやタイワンカマスが群れている。ニセフウライチョウチョウウオとチョウハンはいつも同じ辺りの浅瀬でウロウロしている。午前のファンダイビングは風があったのでナポレオンピークス。午後は風もおさまってきたのでピナクル1とランベイだった。今回驚いたのは、この海域で初めてフエヤッコダイを発見! またユメウメイロの群れの後に一匹だけ鮮やかな青のウメイロモドキを確認したのだ!これまた初めてかもしれない。いそうでいない魚たちなので嬉しかったね(笑)。

夜のBBQでは久しぶりに秋刀魚を持ってきて焼いたのだ!家の中では焼きたくないNO1だけど、屋外なら気にしないで焼けるのがいいね。そして日本よりH田さんが持参した“くさや”が凄い!その名の通り臭いのだ!久しぶりにその匂いをかいでちょっとノックダウン。ドリアンとくさやはどちらの匂いが強いのだろうか・・・。

翌日、朝一はランベイで潜り2本目はレイナーズロック。どちらもコガネアジの捕食は凄いね。逃げ回るタカサゴベイビーやキビナゴなどの小魚たち。そして大爆発するダイバー(笑)フロート上げは気をつけましょうね!

帰りのボートも貸し切りだったのでゆっくり飲んで寝て、まったりでした。早いもので独立して6年も経ったんですね。これもツアーやコースに参加していただく皆様のおかげです。今後ともよろしくお願いします

天気:晴れのち曇り 海況:風ややあり 気温:26‐32度 水温:27〜29度 透明度:10〜20m




2011年07月06日(水)-12日(火) Report ID : 360

TTT

沖縄@ジャパン

沖縄の思い出・・・。



2011年07月06日(水)-12日(火) Report ID : 359

TTT

沖縄@ジャパン

沖縄の思い出・・・



2011年07月06日(水)-12日(火) Report ID : 358

TTT

沖縄@ジャパン

【ダイビング編】
シンガポール発〜沖縄ツアー!! 念願の沖縄の海に潜ってきました! シンガポールからは4名、日本各地から8名、総勢12名が沖縄に集合しました。皆さんご参加いただきましてありがとうございました。

ダイビング初日は本島の恩納村地区。1本目は真栄田岬“青の洞窟”なのだ。ここは有名観光スポットなので滅茶苦茶シュノーケラーと体験ダイバーが多い! 洞窟に入ると水面から多数の足がブラブラしているのだ。更に体験ダイバーが連なってくる・・・。ある意味凄いポイントなのだ! 光が入ると青いがちょっと???的な感じ。アカマツカサやリュウキュウハタンポが多い。洞窟の外は透明度もよく気分がいい。ツバメウオの群れがいた。2本目は“山田ポイント”和名のポイントは慣れないね(笑) クマノミが一通りいてピカチユウミウシもいるのだ。ツマジロオコゼ、ウミヘビもウロウロしていた。3本目は“ツバメの根”リングアイジョーフィッシュやオオモンカエルアンコウなどなど。個人的な事ですが、ここ真栄田岬は22年前にオープンウォーター取得で潜った海なのだ。それ以来なので、初めて潜った海に還ってきた、とちょっと感慨深いダイビングだったのだ(涙)

2日目は万座地区で、この日は今回参加メンバー全員が揃う日なのだ。1本目は“ナカユイ”2本目は“ドリームホール”3本目は“ホーシュー”だった。全体的に地形が面白く、透明度も20メートルクラス。洞窟も予想以上に長く、プチ・ケーブダイブなのだ。魚はハダカハオコゼやウミテング、ウミウシ類、オラウータンクラブなどのマクロ系かな。漁協では漁師がハリセンボンの皮を剥いていた(驚)

3日目は慶良間にゴー!ところが風が強く波も高いので潜るポイントは制限されるようだ。我々は渡嘉敷島と儀志布島の間にある“カメ基地”“神宮”で午前の2ダイブ。透明度はいいし珊瑚も奇麗。真っ白な砂地が広がりダイバーの影が映る。浅瀬の珊瑚の上のハナゴイもはえるね。本島とはちょっと違った海だな、と感じた。が、水は冷たかった! 午後の3本目は黒島の“黒北ツインロック”でドリフトダイブ。カスミチョウチョウウオが群れていたり、グルクンやインドカイワリ、カスミアジが現われ、最後にはイソマグロもご登場!いいですねぇ〜!

最終日はちゅらうみ水族館のある北部でのダイビング。水納島“ポートサイド”はエントリーしてすぐ唸った!透明度も高く砂地が奇麗だったのだ。砂地にはヒレナガネジリンボウやヤシャハゼがいるのでハゼ好きにはいいね!イッポンテグリやタテキンの幼魚、ナンヨウハギなどなどもいた。2本目のケーブルではオオモンカエルアンコウが歩いたり泳いだり!ハナヒゲウツボは成魚(青)と幼魚(黒)が同居していた。浅瀬はメチャクチャ奇麗な珊瑚が広がっていた。全体的に珊瑚は小さいがこれぞ沖縄の珊瑚!といった感じ。なんでも白化した14年前からやっと育ってきているとの事だ。 最終ダイブは瀬底島の“ラビリンス”。地形ポイントでアカマツサヤリュウキュウハタンポがケーブの中にいる。水面ではキビナゴの群れも無数にいた。

そして我々の4日間のダイビングは終了するのでした。

天気:晴れのち曇り時々雨&風強し  海況:ポイントにより波あり  気温:25‐32度  水温:26〜28度  透明度:15〜30メートル

【陸上編】
今回の沖縄は、シンガポール組みは福岡経由で那覇入ったのだ。台北経由と言う選択肢もあるが、福岡観光?もオプションでの楽しみなのであった。午前福岡に到着すると、国内線のチェックインを済ませ福岡の街へ。生憎の雨だがブラブラし目的の一つ“ラーメン”なのだ。デパートの店員に近場の美味しいラーメン屋を教わり直行!店に入るなり豚骨の匂い!まずはラーメンとビールから。 福岡から那覇の機内は買い込んだお酒で宴会!ところがしばらくすると客室乗務員に“休まれているお客様もいますのでお静かに”とイエローカード! 飲んだくれは無事に那覇に到着!お迎え?のAちゃんと一緒に記念撮影(笑) その晩は日本組み3名と合わせて計7名で第1回沖縄オフ会でした。明日よりのダイビングにワクワクしながらあえなく泡盛で撃沈・・・。

今回のツアーで4日間のダイビングのうち3日間は本島、1日だけ慶良間諸島なのだ。本島は車での移動でちょっとしたドライブ。わナンバーとYナンバーが目に付く。街並みも異国情緒があり、日本語の通じる海外みたいな感じ。南国ですのぉ~(もっと南国から来たけど・・・)。 

泊まった宿は1泊¥1700のゲストハウス!日本にもあるんですね。2段ベッドが並んでいるだけの何にもない部屋。ただアウやティオマンのベッドよりは奇麗かもね(笑) 宿の下はパンやだし近くにコンビにもあるし、目の前は那覇高校なので夕方は部活動で賑やか。朝はコンビニで朝食を買い、夜は国際通りに繰り出したり、近くの居酒屋やレストランで食べたりなのだ。

宿のすぐ後ろには銭湯があった!番台でお金を払って暖簾をくぐると、すぐ湯船が目に入る(驚) なんと!脱衣所と風呂場の仕切りがないのだ! お湯と水の蛇口は通常の洗面所くらいの高さにあり、シンクの下には配水管もなく穴があるだけ。シンク内で湯と水を混ぜて、落ちてきたぬるま湯を使うのだ。頭を洗う時はシンクの下に頭を突き出して流すのが正しい使用法のようである。沖縄式恐るべし(笑)

4日目のダイビングは本部方面で潜り、その後は瀬底島にある民宿“やどかり”へ。こちらはシンガポールでのダイビング仲間(生徒)、松本さんが経営しているのだ!現在はご隠居?して沖縄・瀬底島に住みついているのだ。今回の沖縄に来たもう一つの目的でもある表敬訪問なのだ! 美ら海水族館も近いし静かで安いしいい宿ですよ!

最終日は“やどかり”を後にして美ら海水族館へ。ジンベイ&マンタ・夢の共演なのだ。水槽はでかいし、入っている魚たちも大物ぞろい。ついつい見入ってしまい、竜宮城にいるように時間を忘れるのであった・・・。
沖縄から福岡に戻り、森さんが待ち受ける福岡オフ会なのだ。福岡といえば焼酎に玄界灘のイカ姿作り、胡麻鯖、馬刺し、もつ鍋。どれも美味い!短い時間でしたが堪能させていただきました。

念願の沖縄ツアーは楽しく終了しました。日本の海もなかなかいいですね!沖縄の海は海外とはまた違った雰囲気があります。透明度の高い青い海に白い砂、珊瑚、地形・・・。今回潜ったポイントでは大物や群れと言ったのには会えませんでしたが、十分満喫しました。次回、日本の海は何処に行こうかな?と画策しちゃいますね。シンガポールにいる方ももちろん、日本に帰られた方々も是非とも参加してください。海で潜って飲んだほうが断然楽しいですよね。今回もたくさんの方にご参加いただきまして誠にありがとうございました



2011年07月01日(金)-03日(日) Report ID : 357

TTT

アウ@マレーシア

今週のアウは8名様のご参加がありました!な・なんと!参加者全員の平均年齢は28.4才!(スタッフ含む)! 全員20代でした!(スタッフ含む?む?む??) m(__)m 今回はねずみっこ7名&ひよっこ1名をヒツジが引率して行ってきました。皆様ツアーにご参加いただきましてありがとうございます。

ねずみ男2人のオープンウォーター講習があったので、まずは朝練ダイブのハウスリーフから。緩やかなカレントに突き進んでいくとタイワンカマスの群れに当たり、我々は囲まれるのだった。帰りは中性浮力を取りながらカレントに乗って戻るので超楽チユーなのだった。ファンダイビングの1本目はランベイ。ひよこダイバーが何故か“SPECで101本記念ダイブ”?! 寄せ書きをしたご自慢のアラブ服をまといダイビング。兎にも角にもおめでとうございます。午後のピナンではイケカツオの群れが凄かったね! 夕方の3本目はナポレオンピークスでオープンの2名も一緒にダイビング。ねずみっこはカメラを向けるとすぐにポーズを取ってくれるのだ。奇麗なウミウシの卵が岩肌に付いていた。ナイトのハウスリーフは2名だけでのんびりダイブだった。

翌朝のレイナーズロックはコガネアジとホシカイワリの捕食が凄かった!タカサゴなどの子供達の群れに突っ込むスピードが無茶速い。そして逃げる小魚たちのスピードも速い。海中の世界は弱肉強食なのだ、と思い知らされる。そして大きなカンムリブダイはまったりとご登場してくれました。最後のダイビングはランベイ。水面で“ねずみっこの輪”を作ってもらった。なかなかいいね! イエローフィンバラクーダがいたり、キンセンフエダイの群れにもあった。こちらでもコガネアジは捕食で飛び回っていた。

そしてオープンウォーターもバッチリ終了してダイバーの仲間入りです。おめでとうございます。お帰りのボートは貸切だったので、快適な船旅でした。太陽の下、青い海の上で飲むビールは格別に旨いのだよ皆の衆! 

天気:晴れ  海況:穏やか  気温:25‐32度  水温:28〜29度  透明度:15メートル




 


■ ツアーレポート 過去ログ

2018年08月2018年07月2018年06月2018年05月2018年04月2018年03月2018年02月2018年01月2017年12月2017年11月2017年10月2017年09月2017年08月2017年07月2017年06月2017年05月2017年04月2017年03月2017年02月2017年01月2016年12月2016年11月2016年10月2016年09月2016年08月2016年07月2016年06月2016年05月2016年04月2016年03月2016年02月2016年01月2015年12月2015年11月2015年10月2015年09月2015年08月2015年07月2015年06月2015年05月2015年04月2015年03月2015年02月2015年01月2014年12月2014年11月2014年10月2014年09月2014年08月2014年07月2014年06月2014年05月2014年04月2014年03月2014年02月2014年01月2013年12月2013年11月2013年10月2013年09月2013年08月2013年07月2013年06月2013年05月2013年04月2013年03月2013年02月2013年01月2012年12月2012年11月2012年10月2012年09月2012年08月2012年07月2012年06月2012年05月2012年04月2012年03月2012年02月2012年01月2011年12月2011年11月2011年10月2011年09月2011年08月2011年07月2011年06月2011年05月2011年04月2011年03月2011年02月2011年01月2010年12月2010年11月2010年10月2010年09月2010年08月2010年07月2010年06月2010年05月2010年04月2010年03月2010年02月2010年01月2009年12月2009年11月2009年10月2009年09月2009年08月2009年07月2009年06月2009年05月2009年04月2009年03月2009年02月2009年01月2008年12月2008年11月2008年10月2008年09月2008年08月2008年07月2008年06月2008年05月2008年04月2008年03月2008年02月2008年01月2007年12月2007年11月2007年10月2007年09月2007年08月2007年07月2007年06月2007年05月2007年04月2007年03月2007年02月2007年01月2006年12月2006年11月2006年10月2006年09月2006年08月2006年07月2006年06月2006年05月2006年04月2006年03月2006年02月2006年01月2005年12月2005年11月2005年10月2005年09月2005年08月2005年07月2005年06月2005年05月2005年04月2005年03月2005年02月2005年01月2004年12月2004年11月2004年10月